シンセキュア 製品情報 ご購入 会社概要 お問い合わせ

AutoDaily

USBKeeper

AntiPhishing

SecureVM

USB経由の情報流出を防御する

USBKeeper は、社内情報漏洩対策として手軽にデータを持ち出すことができる大容量 USB記憶装置の使用を禁止するソフトウエアです。
製品カタログ:  USBKeeper.pdf

紙媒体の情報漏えい対策はこちら

Windows 2000以降のOSは、USBストレージを標準サポートしたため、社内のクライアントPCに蓄えられた顧客情報などの機密情報が、簡単に大容量USBメモ リ経由で持ち出せてしまいます。
USBKeeper は、上記情報漏洩パスを制御するソフトウェアです。
なお、USBキーボードやマウスは、今まで通り、使用できます。

2010年1月現在までの USBKeeper導入先です。
市役所等の官公庁や、病院、一般企業様を中心に導入頂いております。

■NEWS
japan.internet.com
ITmedia Enterprise
Impress Corporation
操作は簡単!
ソフトウエアのインストールは不要です。 USBKeeper.exe を1度、実行するだけで USB記憶装置の使用を禁止できます。


*USBKeeper.exeを実行して、USB記憶装置のDisable/Enableを切り替えるためには、ローカルコンピュータの Administrator権限が必要です。
*USB記憶装置を使用可能にするためには、パスワード入力が必要です。


Windows ログオンスクリプトによる配信
USBKeeper起動時のダイアログを表示せず USB記憶装置を禁止することができます。(製品版)
ログオンスクリプト等により、USBKeeperをクライアントPCで実行する際、ユーザーにUSBKeeperの実行を知らせることなくUSB記憶装置が制限できます。

必要なシステム
対応OS
Windows XP/Vista/7/8/10   32/64bit(x64)対応
Windows Server 2012

価格
・USBKeeper 750円(税込)/PC1台 
USBKeeperのご購入ライセンス数は、最低5ライセンスです。
複数ライセンス割引ございます。詳しくは、お問い合わせフォーム または、sales@synsecure.co.jp からご相談ください。

試用版ダウンロード
試用版ダウンロードサイトへ

重要
USBKeeperは、Windows標準のUSB記憶装置サポートを禁止します。
Windows標準のドライバを使用せず、USB機器に付属するデバイスドライバを 使用した場合、USBKeeperでは使用制限の対象にならないことがあります。
ご購入前には、USBKeeper試用版で動作をご確認ください。
通常、ドライバのインストールは Administrator権限が必要です。
一般ユーザーにはAdministrator権限を渡さないか、 CD-RやMO、DVD-RAMといった書き込み可能な接続機器の持込みは、制限されることをお勧めします。